FC2ブログ
撮りためてはいるんですよ。

作業するときはなるべく写真を撮るようにしてるんですけどね。

じゃあブログ書けよって話なんですが。

前の作業になりますが、NSF100 エンジンOHです

247843.jpg

エンジンを降ろしてと

247844.jpg

ばばばば!っとばらしていきます。

247846.jpg

247845.jpg

オイルは硬いのかな? 走行時間の割りには当たりが少なく感じました。

一応、クランクシャフトをOHしますが、ばらした感じは非常に磨耗が少なかったです。

247847.jpg

遠心フィルター内のスラッジも少なく、程度は良い状態。 

分解した場合、当然ベアリングは交換しますが、コンロッドとクランクピンは様子を見て判断

これはそのまま使ったほうがいい。  ベアリングは社外品で対応。 特にレギュレーションの厳しい

レースに出るマシンでは無いので純正より耐久のあるタイプにします。

247848.jpg

組み込んで芯出し。 遠心フィルターのフタは入れるのにコツがいります。言葉じゃ伝わらない。

247849.jpg

それと分解したら、交換しておきたいのは クランクスプロケット

247852.jpg

取り付け部にキーがあるわけでもなく、圧入なんです。 緩くなると回ってしまいます。

ノーマルエンジンで回ってしまうと言う事はあまりありませんが、再利用で回ってしまった事はあります。

怖いですからね。

消耗状態の割りに、クラッチの焼けが強いのが少し気になりました。

エンジンOH毎ではなく、時間管理してクラッチ交換したほうが良いかもしれませんね。

247850.jpg

腰下まで組み上げて

247851.jpg

シリンダーヘッド 

247854.jpg

カーボンはそこまで酷くはありませんが、異物の噛み混みは多いです。

ミニコース走るマシンは意外と多い。 コースアウトしたりする事が多いんですかね?

練習中にコースアウトしたら、無理に戻ろうとしないほうがいいかもしれませんね

エンジンはほこりには弱いです。

汚れを落としたら、カットしていきます。

247855.jpg

EXバルブのフェイス面 ぼこぼこしています。

247856.jpg

INバルブのフェイス面にも大きいへこみが一個ありますね

247857.jpg

フェイス研磨します。

247858.jpg

247859.jpg

ここからシートカット 

247860.jpg

カット後、摺り合せて 気密性のチェックをして完成 腰上も組み上げて車体に載せました。

247862.jpg

あと、NSR250R用のスプロケット製作もしました。

無い丁数はブランク材から削り出します。

247853.jpg

SRX600も作業しました。

サスペンション関係の作業もやりましたが、油まみれで写真撮っていませんでした。

キャブレターOH  FCRですね。 オーバーフローしています。

247871.jpg

分解して、各部点検清掃

247872.jpg

フロートバルブの交換

247874.jpg

ボディも洗浄

247873.jpg

組み上げました。

FCRはあくまでもレース用なので、基本的なメンテサイクルは早めでお願いします。

4発エンジンのスリーブ入れ替えなんかもやりました。

247863.jpg

247864.jpg

シリンダースリーブ。 アルミシリンダーに壁面は鋳鉄の壁が入ってるわけですが、これを交換することで

ピストン径が変えられるわけです。今のエンジンはメッキシリンダーや、アルミシリンダーそのものだったり

そもそもオーバーサイズピストンが無かったりするので、昔のエンジンは良いなぁって思うわけです。

200Vの電機コンロでポカポカにしておきます。

247865.jpg

熱を入れるとアルミが先に膨張する為、鋳物のスリーブは緩くなるわけです。この隙に コン!っと

抜きます。

入れるスリーブはこれ

247866.jpg

熱くて写真なんて撮ってる暇はありません 抜けました

247867.jpg

247868.jpg

熱い状態ですが、気合で壁面等 掃除します。皮の手袋必須です

247869.jpg

新しいスリーブが入りました。

247870.jpg

この状態から、シリンダーボーリングになります。


でも今日は疲れたからもう書けない。


↓↓ブログランキングに登録しています。クリックのご協力よろしくお願いします♪↓↓



人気ブログランキングへ






スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)