FC2ブログ
新年あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

2020年もあけまして、バタバタと仕事しています。

比較的暖かい冬だと感じていたんですが、今日は寒かったですね・・・・

年末辺りからやっていた作業、ブログ書こうと思ってたんですが、なんだか忙しくて

カタナのキャリパーサポート

APレーシング製キャリパー いわゆるロッキードキャリパー

238275.jpg

キャリパーにネジが無いタイプなんですね・・・・ つまりサポートにネジを切るわけです。

そうなるとパッドに近いところにサポートが来るので、パッドの逃げ部分だとか色々考慮すると

ちょっと複雑な形状になったり

とりあえずCADで図面を書いては、印刷して切って当ててみて確認

238276.jpg

238277.jpg

なんとか干渉しないで出来そう。

NCフライスで切削中、ハーレーのサイドバルブのバルブガイドを製作

238273.jpg

238274.jpg

ガイドは鋳物ですが、磨耗が激しいので、今回アルミ青銅で製作していきます。

238280.jpg

238281.jpg

238282.jpg

いやーーちょっと油断してた・・・・ 普通のバイクの倍の長さあるんですよこれ・・・

穴が・・・・・ 穴が曲がる・・・・

2個失敗してしまいました・・・・ 長いので穴開けてる最中に温度が上がりすぎちゃうんですよね・・・

今までで一番苦労したガイドかもしれません

入れ替え完了しましたが、シリンダーボディが鋳物なので、怖い・・・割れそう

かなりシビアに寸法決めたので、変な力はかからず組めました

きっちり真っ直ぐ入ったので、バルブシートの当りも90%くらいは当っていました。

シートカットと摺り合せも完了

238283.jpg


238284.jpg

238287.jpg

238288.jpg

で、カタナのキャリパーサポートも完成

238278.jpg

238279.jpg

238285.jpg

238286.jpg

それからカワサキのゼファー750かな

オイル下がりですが、ステムシールからではなくて、ガイドからの漏れっぽいやつ。

バルブガイド新品で漏れてきたらしいのですが、良くある事のようです。

レッドチェックしてみると・・・・

238272.jpg

冷間でも漏れが確認できました。

熱を入れて、抜いた感覚をメモしておいて、どれくらいオーバーサイズで作るか検討しつつ

Oリングも入れて、ツバ付きのガイドを製作します。 アルミ青銅

238292.jpg

238295.jpg

238293.jpg

238294.jpg

こんな感じでOリングが入ります。

238289.jpg

238291.jpg

EXとINは形状が若干違う

238296.jpg

ふぅできた

あとは焼嵌めしてと・・・・

今日はここまで


↓↓ブログランキングに登録しています。クリックのご協力よろしくお願いします♪↓↓



人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)