FC2ブログ
ハーレーなんかは古くても直せるイメージがありましたが

よくよく部品を見ると本当に良く出来ていますね

性能うんぬんよりも、ダメになったらすぐ直せるぜーっていうのが伝わってきます。

クランクシャフトなんかもどの消耗部品もリペアパーツがあるし、交換できるようになって

います。 ニードルベアリングのオーバーサイズがあるとか・・・コンロッドのスラスト面が

ワッシャーになってて交換できるとか・・・シャフトがボルト止めとか・・・

さらにはコンロッドの小端部なんかもブッシュ式になっていて、ガタが出たら交換できる

これは作っちゃおうって感じですが、もしかしたら部品は出てるんでしょうね。

ブッシュをコンロッドからプレスで抜きます。

232911.jpg

青銅で作ります。

232912.jpg

232913.jpg

オイル溝はフライスで切削します。

232917.jpg

こんな感じで完成

232918.jpg

プレスで圧入

232919.jpg

ピストンピンにたいして ホーニング仕上げをして完成になるわけです。つまり内径はここから仕上げます。

それとは別に、クランクケースのネジ山が無くなってしまっています。これも同じハーレー

232904.jpg

ネジ切る前の写真撮るの忘れましたが、ネジを切りました。

この前と同じオーバーサイズになるので、ブッシュを作ります。

ここから削り出していきます。

232899.jpg

232900.jpg

232901.jpg

232902.jpg

これで中のネジと外のネジができました。

232903.jpg


この中のネジに合わせたボルトを作っていきます。

232905.jpg

232906.jpg

232907.jpg

こんな感じでボルトが完成

232908.jpg

こういう感じで組み合わさります

232909.jpg

ケースに入るとこんな感じ

232910.jpg

トラックのエンジンなんかもあります。

232916.jpg

ヘッドそのものが鉄の鋳物なんです・・・・めちゃくちゃ重い! 

バルブガイドの入れ替え作業前に下準備をしてと・・・

232915.jpg

鉄の鋳物の場合は冷間で入れていきます。膨張が同じなんですよね。

ばたばたと色んな事をやっていますが、いつもの作業もありますよ

スパーダのエンジンOH

232894.jpg

OH前にタペットクリアランスがどれくらいか 見てみますが 一度もやった事が無いそうです。

レーサーではちょっと致命的になるので、マメにやって下さいね。

EXはかなり広めで0.25mmが軽く入ってしまいます。

232895.jpg

これもっと広いですよ。 これ以上広くなるとバルブのステムエンドの角が死にます。

IN側は逆に詰まってます。

0.07mm

232896.jpg

0.03mm以下になると 燃焼圧がシートから逃げてくるので、バルブフェイスが折れます。

気をつけて下さい。

クランクシャフトは、メインジャーナルよりもコンロッドジャーナルのほうがシビアです。

232897.jpg

どっちにしてもコンロッドメタルは常に新品にはしますが、当りは確認しています。

クランクシャフト側が少しでも爪でひっかかるくらいになったらもうダメです。これは綺麗でした。

232898.jpg

あー疲れた。今年もあと少しですよ。

がんばろうー

↓↓ブログランキングに登録しています。クリックのご協力よろしくお願いします♪↓↓



人気ブログランキングへ











スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)