FC2ブログ
内燃機屋さんの仕事をスタートさせて 1ヶ月ちょっとですが

普段さわっているレーサーとはまた違うエンジンが多いわけです。

古いエンジンが多いのですが(当たり前か) 昔のエンジンはバルブガイドも

ステムシールが無いタイプもあるわけです。

バルブガイドにガタがあると、オイルがバルブステムを伝って漏れていきますので

マフラーから煙がもくもくでます。(オイル下がり)

シリンダーヘッドを温めてバルブガイドを抜きます。きっちり熱を入れないとアルミの壁を持ってきてしまうので

慎重に。

231492_0.jpg

抜くとこんな感じですが、これはエキゾースト側、インテーク側はシールがあります。

231493.jpg

このシールの入る部分と同じ寸法で、下の部分の長さはエキゾースト側のそのままで製作していきます。

材料はバルブガイド専用の材料 鋳物です。こんな感じで完成

231494.jpg

入れる時もしっかり熱を入れて焼き嵌め

バルブですが、やはり古い車両ですので、フェイス面とステムエンドもかなりの磨耗

231486.jpg

意外と忘れがちですが、ステムエンドの磨耗はパッと見た感じ、このままでもいけそうかな?っていう風には

見えますが、ロッカアームアジャストの場合、バルブステムエンドを点で叩くので小さくへこんでいます。

231487.jpg

少しづつ、少しづつ研磨していくと、どれくらいの磨耗かよくわかりますね

231488.jpg

231489.jpg

231490.jpg

バルブフェイスの45度面とステムエンドの研磨が終わりました

231495.jpg

こんな感じでヘッドはリペアしていきます。

色々なクランクシャフトもやっています。 今のバイクは鋳物のクランクが多いですからあまり無い作業ですが

組み立てクランクは内燃機屋さんの作業になります。

Z1のクランクシャフトや

231496.jpg

H1(マッハ)のクランクシャフト

231497.jpg

231498.jpg


クランクシャフトの関しては、単気筒しかやった事が無いので、多気筒は初めて。色々教わりながら

作業しています。

それと、意外と知られていないのですが、ネジを製作することはもちろん、折れたネジ抜きや

潰れたネジ穴修理等もやっています。

今日もかなり問題のある部品 SRX600用マフラー ヨシムラサンバー

アルミの鋳物が弱いのと振動が多いので、ネジ穴が潰れてしまうんです。

231499.jpg

231500.jpg

231501.jpg


まず死んだネジ穴にタップを立てます。

231503.jpg

はい完了。

ってわけにはいきません。 何故ならM8のネジ穴が潰れてそこにタップを立てるわけですから大きくなってしまいます。

このタップはヘリサート用のタップ立てになります。 リコイルを入れるわけです

はい。入れました。 わかり辛いですけどね

231504.jpg

リコイルはこれです

231505.jpg

これでM8のネジが元に戻りました。しかも強度はかなり上がります。

全部潰れているので、直します。

231507.jpg

231508.jpg

しかし ヘリサートタップよりも大きくなってしまっている穴がある事があります。

こいつです。

231509.jpg

こうなると、ヘリサートでは直せません。 元のネジサイズにするには色々手法はありますが

ブッシュを作る。

アルミの鋳物なので溶接しても強度が出るか心配なので、ブッシュを作るわけですが材料はS45C

下穴はM12で開けます 一旦、M12の下穴にしてと・・・

231510.jpg

旋盤で作っていきます。

231511.jpg

外ネジをM12で作ります。

231512.jpg

中にM8のネジを切ります。

231513.jpg

材料を切り落とします。

231514.jpg

完成、こんな感じ

231515.jpg

特殊なセメントを塗って締め込んだら抜けません。

231516.jpg

ねじ山修正完了~

しかし良く見てみると、ボルトがしっかりしまっていないので、振動が発生してマフラーにクラックが入ってます。

231518.jpg

231519.jpg

TIG溶接します。

231520.jpg

231521.jpg

これで完成

まーー色んなことやってます

もうすぐこの業界30年なんですが、まだまだまだまだ覚える事がたくさんあって楽しいですね。



↓↓ブログランキングに登録しています。クリックのご協力よろしくお願いします♪↓↓



人気ブログランキングへ








スポンサーサイト



 修理  0  0

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)