FC2ブログ
やっとここ数日、内燃機屋さんと少しづつですが仕事が出来るようになって来ました。

50年以上営業していた工場はそれはそれは片付けるのが大変で、予想の3倍時間がかかってる

感じです。 普通の人が見たら ゴミか何なのかわからないような物もで、私から見たら宝の山だったりします。

ドリルやリーマー、タップやダイス それも昔の物ですから、物が良い物ばかりなんですよ

高い一流メーカーの物、当時はそれ以外の選択は無かったんですよね。 今みたいに何でも海外製で

安い物なんてありません。

逆に海外にしか無く、今の日本にはほとんど無いような機械もあります。

すこしづつ練習して、自分なりにも研究しています。

これから一緒に仕事をする 「三留兄弟製作所」 の三留さん。おじいさんですがそれはそれはパワフルで

すごい仕事をします。 メインの仕事はクランクシャフトOHですが、旋盤もフライスもこなします。

内燃機屋さんといっても、仕事は多岐にわたり、フォーク、ステム修正、ディスク研磨、ネジ製作 穴あけ

ヘリサート加工 などなど 機械加工全般ですね。

三留さん世代も、教わって覚えてきた人ではなく、独学で覚えてここまできてる人なので

私もなるべく 言葉で教わるのではなく背中を見て覚えたいと考えていて

自分なりの答えと 答え合わせが出来る人がいる事の喜びがありますね。

答えは同じでもアプローチが違う場合もあり、面白いなと思うこともあります。

穴を広げる作業でも、「この場合どう削ります?」 と聞くと 「俺はこれ使ってこうしてこうやるな!」

その方法が全然違う場合もあったりします。 結果は同じなんですよ。穴があくんですから

205427.jpg

こういうブラケットの穴径拡大とか、フライスでこうやってこうやるんだよ って言われたので

やってみる物の・・・・ 自分的にはフライスでは無く旋盤でいつもやるので、作業が遅い 加工の精度も不安

なので 結局旋盤で仕上げてみました。とか

クランクケースボーリングの仕事は フライスでこうやって削りますよね

205428.jpg

芯はどう出す? の問いには、 やっぱりアプローチが違う場面も

こうやってここは 勘でよ! っていう勘が無いので、私は簡単な冶具を作る派なんです

で芯出しして、加工すると 答えは同じ物になるわけです。 早いか遅いか の違いだったり

やり易いか、やり辛いか。 の違いですね。 おもしろい

205430.jpg

205429.jpg

シリンダーヘッドもそろそろ仕事がたまってやばそうなので、機械製作を急いでいます。

もうじき、「シートカット君」が完成します。あとちょっと。

シートカットなんていつもやってんじゃねーの?って思うでしょうが、まったく別物なんです

言い換えれば、バルブガイドを入れ替えたり、シートリングを入れ替えた後に精密にカットできるやつです。

今までのハンドシートカットでは出来ないんですよ。  あとちょっとで完成します。

それとは別に、「バルブフェイスグラインダー」の練習もしました。

いらないバルブで練習

205431.jpg

バルブフェイスの45度面が荒れています。 OHするエンジンはほぼほぼ荒れています。

それと、バルブ軸端

205432.jpg

ここはロッカアームアジャストのエンジンはここを直接ロッカーアームが叩くので 荒れます。へこみます。

カム直押しエンジンでタペットシムの場合は荒れません。がエンジンを長く使用していると

シム調整していって、シムが薄くなってもうこれ以上ないよ!っていう時とか、ここを0.数ミリ追い込んだりするんです。

カーボンを落として綺麗にしてみますが、やはり面は荒れています。

205433.jpg

これを研磨してくれる機械です。

205434.jpg

45°面が生き返りました

205436.jpg

大きさ比較で爪きり置いてみました

そして軸端の加工

これもフェイスグラインダーの仕事

205435.jpg

精密にカットしていきます。

205437.jpg

ちょっとわかり辛いかもしれませんが、こんな感じで仕上がります。

今まで軸端は内燃機屋さんに頼んでいましたが、フェイス面は自分で旋盤を使って

冶具を作って、すごい苦労して加工していましたが この機械を使うと 今までの苦労を返せ。って言いたいくらい

正確に綺麗にあっという間に仕上がります。


↓↓ブログランキングに登録しています。クリックのご協力よろしくお願いします♪↓↓



人気ブログランキングへ
















スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)