FC2ブログ
CBR250RR(新型)のオイルクーラー取り出しブロックを作りました。

涼しくなってきたので少し注文も少なくなっていて、最近作っていませんでしたが

冬でも欲しいアイテムではあります。

CBR250RRはエンジンの消耗も早いのでオイルの距離管理と温度管理は重要になってきます。

それとインジェクション車の場合、水温が上がりすぎると燃調補正が入るので

濃い燃料が送られます。 意外と補正が入ってる状態で長い時間走るとオイルが燃料希釈を起こして

性能が大幅ダウンします。 燃料希釈に強いオイルはありません。

水温と油温の管理は忘れずに。

ブロックはアルミ2017材で削り出します。

86315.jpg

ブロックをエンジンに止める特殊なボルトも製作

これは強度が欲しいので、材料は7N01

86316.jpg

形を作ってから

86317.jpg

雄ネジ、雌ネジを切ってと

86318.jpg

ブロックのセンター穴も旋盤であけます。

86319.jpg

取り出しのラインのM12のネジも切って 完成です とりあえず2個注文はいってますが、まずは一個が完成

86320.jpg

Oリングの反対側からボルトを入れて止めます。

86321.jpg

取り出すのラインはこんな感じでニップルをつけます。(ニップルは別売り)

86322.jpg

11月24日 筑波で耐久レースに出てきました。 Force One Forth 

色々ありましたが、いつもの事ながら直前まで何もしないダメなぼくたち。

レース2週間前にやっとこマシンが動き始め、そしてマシンが激遅でした。

原因はわかり、対策を・・・・・と思っていたところで、まさかの前日エンジンブロー

86323.jpg

これも原因もわかり、対策も出来るとなったところで、レースは次の日。

色々なライダーさんが貸してくれると言ってくれたのですが、エビスモーターサイクルの横ちん号を

借りるのが一番手っ取り早そう!ってことで、横ちんにお願い!

外装関係は私のマシンから付け替えましたが、ゼッケンの部分とFフェンダーは横ちん仕様

ノーマルキャブ仕様に戻ってしまいましたが、思いのほか乗りやすく あらためてノーマルってイイネ。と

予選も快調に、相方Sちゃんの快走により、予選組3番手、総合で8位をゲット

素晴らしい。 CBRを借りたときより楽しそうに乗ってる。

86331.jpg

予選21番手にT川さん、SGちゃん、T内君と言った、2.5時間を3人で楽して走ろうっていう魂胆のチームが一台と

86329.jpg


予選最後尾でも決勝に残れたAIBさんチームの3台

86330.jpg

今回の耐久の目玉は何と言っても、世界チャンピオンの原田哲也選手

86325.jpg

となりのピットでしたので、とても気さくに話をしてくれました。

マシンはカワサキNINJA250ですが、いったいいくらかかってるんでしょうね・・・・・

スタンドなんてカーボンですよ・・・

86326.jpg

相方、Sちゃんに作戦を伝える。 「一度は死んだ身。 俺に渡らなくてもかまわん。思いっきりいけ」

スタートから30年前のバイクとは思えない勢いでトップグループに付いて行く

7秒4まで出してるが、一発だけでもなく連発。 時には最終だけでも3台抜いて7秒5で帰ってきてたので

6秒は入るだろうなという感じ。 ダメな子ほどやる気がでるタイプ

我々は根性が違うので半分の1時間15分交代作戦です。

燃料もぎりぎり、体力もぎりぎり

燃料が持つならもう少し時間をごまかして走ってもらおうかと思ったのですが、ガス欠が怖いので

しかたなく私に交代。

前半はノーマルキャブに慣れなくてイマイチ乗れませんでしたが後半は普通に乗れるようになってきたので

Sちゃんが作った貯金を散財して、ゴール。

交代時の5位はなんとかキープして、総合5位入賞

86332.jpg


T川チームは10位でフィニッシュ

AIBさんチームは25分交代という弱気な作戦で37位

86333.jpg

最新インジェクションマシンだらけの中、10位以内に2台のスパーダを入れることができたので

結果としては上出来でした。 今年も楽しかったですよー

そして、レース後の感想としては、半分くらいのライダーは抜くのが苦手なんだろうなと思いました。

後ろから見ていても、そこで刺せるよ?って思う場面でも行ききれず

そこで行ったらタイム落ちるし、行けないかもよ?っていうところで無駄にインに寄ってしまったりしています。

そのおかげで、本来の持ちタイム以下のペースで並んでしまっている。

スパっと刺すところは刺す、刺せないところはワイドラインで次のコーナーで狙う準備をする

抜くと言う事は組み立てが必要なので、目の前に現れて考えないということです。

先の先のコーナーにいるライダーのペースと動きをみて準備をするように心がけること。

その為にはスプリントレースだけでは身に付かないかもしれませんね。

普段の練習ではカテゴリー違いのマシンは無理して抜きませんし、練習ですから抑えてしまうこともあります。

なので年末の耐久レースは非常に良い練習になるんじゃないかと思います。

耐久でましょうー

↓↓ブログランキングに登録しています。クリックのご協力よろしくお願いします♪↓↓



人気ブログランキングへ











スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)