FC2ブログ
合間合間に色々やっているので、多少前後しますが

ヤマハからDTの部品が届きまして、全部揃いましたので作業開始

通常OHではあまりやる事が無い、クランクシャフトのOH

懐かしささえ感じますね。 昔、2サイクルエンジンが全盛のころは毎週のように

クランク組み換えをやっていたんですが、最近じゃめったにないですもんね。

パクっと割ります。

70463.jpg

割った場合、ベアリングはもちろんですが、サイドワッシャは絶対交換したほうがいいです。

クランクピンは状態によってはそのまま使うことも。 あまり何回も抜いたりすると緩くなるので

片方だけでもそのまま使いたい場合もアリ  今回のように街乗りエンジンの場合は、やるなら全部新品にしたほうが

いいですけどね。 交換部品はビックエンドベアエリング、サイドワッシャーx2 クランクピンです。

コンロッドは廃盤

70462.jpg

少し押しては 芯を確認

70461.jpg

完全に入れてしまうと大きくずれている場合、叩く度合いが強くなるので、最後のたたきは最小で抑えたいところ。

だいたい、数値で0.04mm程度の追い込みで サイドクリアランスを少々きつめて仕上げます。

70460.jpg

なぜきつめかというと、最後の調整で芯出しを行う事で、サイドクリアランスが合うように・・・・願うわけです。

最終的にはダイヤルゲージで0.03mm なので振れは0.15mm こんなもんでしょ。

70459.jpg

ミッションをASSYで中古に交換して、ケースのベアリングは全交換

もちろんクランクのサイドベアリングも交換して、シール類も全部交換

で腰下を組み上げていきます。 2サイクルは腰下の組み方が大事だったりします。

クランクケースはだいぶ汚れていたので、洗浄してと・・・・

70458.jpg


70457.jpg

70456.jpg

クラッチプレート、フリクションディスク、クラッチスプリングも、シフトリンケージのスプリングも全部交換

ピストン周りももちろん新品で、シリンダーは傷があるのところだけペーパーで修正

組み上げました。

70455.jpg

交換部品がかなりありますね・・・

70454.jpg

フレームの汚れも半端じゃないので洗浄・・・・

70453.jpg

で、エンジン搭載して、始動までOK

70452.jpg

吹け上がりのパリっとした感じがいいですね!

からの、リヤサスを外してOHします

70741.jpg

新車時からやっていなければ、27年物ですよ・・・・ワインじゃないんだから

ブラダがしっかりしてるんでしょうか・・・・ それでも窒素ガスは少なくても入ってた・・・

70742.jpg

ヨレヨレでしたけどね。

オイルはもう・・・・炭酸コーヒーみたいです・・・

70743.jpg

どんどん分解していき

70744.jpg

その都度洗浄です。 こういうバイクは洗浄が戦場です。

70745.jpg

で、しっかりエア抜きをして、窒素ガスを充填して完成~

70746.jpg

あとは、FフォークをOHしておわりだー

がんばろ

こういう古い車両でも、まだ乗るぜ!ってお考えの方は 今動いてても、メンテナンスをしっかり考えてやったほうが

長持ちすると思いますよ。 古い車両はダメになってからじゃ部品が出ないことが多いので出るうちにやっておくと

かなり持ちます。

↓↓ブログランキングに登録しています。クリックのご協力よろしくお願いします♪↓↓



人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)