FC2ブログ
皆さんがんばって練習しているようですが、現在意見が割れている部分があります。

新しいタイヤ RX03 跳ねる タイムが出ない

一方で旋回力が高い。 戦える!

と言った感じですね。 うちのライダーさんでも意見が割れたりしていて

その確認のために、この前乗ってきたんですよ。

長くなりそうなんで余計な話は端折って、結果的に 筑波の最終コーナーだけ

少々問題が出ています。 それもリヤタイヤだけです。

気温、路面温度の問題でバイアスですとどうしても全体に剛性不足が

出ているかもしれません。 寒い時期と感じが少々違う。

ただ、気が付かなかったんですよ。問題点に。 何故跳ねるのか

カタカタカタカタと 出ると。 そこでゆっくり乗ってみると 確かにでました。

色々なライダーさんの乗り方や、使い方を見させてもらって、わかりました。

とりあえず、問題点をわけましょう。 最終コーナーだけです。 速度レンジが130km超えたあたり

の剛性感です。 あとは非常に良く曲がります。 そしてグリップもします。

最終で問題が出たライダーさんが探りすぎて 寝かし込みの軽さをフラっとしたと勘違いしている

ケースもあります。 そしてなによりエア圧 下げちゃだめです。 

今のところF2,0 R2.1 ここから下げる必要はないです。 

良く考えてみたら、FT2クラスのライダーさんがNT2に上がってうまく走れないのと同じ理屈なんですよ。

ラジアルタイヤがサーキット走行の基本だとしたら、今までのバイアスRX01が特殊な乗り方だったんです。

高い剛性、しかしFブレーキを握り込んでコーナーに入れない。 なのでそこそこの減速 旋回しか

出来なかったわけです。 なのでタイムも10秒程度ですよね。 同じマシンでラジアルはいたら6秒です。

サーキットを速く走る基本は、コーナーリングスピードを上げる事!  ではありません。

「直線を速く走ること」  これなんですよ。基本は。

フルバンクの時の速度が速いと攻めてる気になりますし、そこで追いついたりすると 俺のほうが速い!のに

立ち上がると離されるからあいつのマシンは速い!ずるいインチキだ!という人も中にはいます。

直線を速く走ること。  マシンがおせえんだからしょうがねえだろ!と言う前に聞いてください。

図に書くとこう言う事です。 絵心ありまくりですいません。

212223.jpg

減速、 旋回、 加速 といった仕事が3つあります。

旋回という仕事は場所はかわりません。 コーナーは同じですから。

あくまでも理想の旋回ポイントという意味でね。

そうなると 減速と加速の仕事を旋回に近寄らせるわけです。

こうなります。

2122234.jpg

3つの仕事をどうやってオーバーラップさせるか。 となるわけです。

これをどんどんコンパクトにしていくと、より奥までスロットルを開けていて、より早くにスロットルを開ける。

わけですから、直線 は長くなります。

減速しながら旋回、旋回しながら加速 

フロントタイヤとリヤタイヤの仕事も考えてみましょう。 Fタイヤは減速しながら旋回

そこからRタイヤが旋回しながら加速 

さて、見ていると Rタイヤに多めに仕事させていませんか?

Fタイヤは減速、ちょっと旋回。 Rタイヤに減速も旋回も加速もさせてるライダーさんがおおい。

まさにブラック企業。

そう。フロントタイヤの使い方に鍵があるわけです。

この画像は私がこの前、走った時の最終コーナーの入り口付近 内側の芝生に近寄る辺りです。

152914693725821.jpg

この位置が非常に重要で、速度も速く そして仕事してない人が多い場所なんです。

これはラジアルでもバイアスでも言える事です。

赤い矢印が今進んでるマシンの方向。 青い矢印が、 Rタイヤが跳ねるライダーさんに多く見受けられる

マシンの方向。 ここでどんな仕事をしていますか?

私はフルブレーキングの6割程度の力で握っています。 それぐらいマシンの向きをここで変えたいんです。

変えないとダメなんです。 Fタイヤの大事な仕事の部分ですから、ここでがんばって旋回させておかないと

Rタイヤに仕事を残すことになります。

そしてマシンをもう少し進めると

152914697149821.jpg

内側の縁石が始まってきますね。

ここではもう開けたいわけです。 ここでもマシンの向きはさきほどと同じ感じになっています。

ここが一番跳ねるんです。 青い矢印の角度だと。

何故ならフル加速体制に入るにはまだ曲げないといけませんからね。 ここでFブレーキは使えません。

ただ 「曲がるのを待つ」 だけ。この時、横方向の力にコンパウンドとバイアス構造が耐えられません。

これはRX01でも出た症状なんです。それが少し多めにでるわけです。

ラジアルも同じと書きましたが、ラジアルタイヤはグリップ力が高いので助けられてるわけです。

その証拠に、ピレリのディアブロスーパーコルサを履いてるライダーさん。 リヤばっかり減るでしょ。

6秒台のライダーさんとかはFタイヤのエッジがめくれ上がってリヤより消耗します。

バイクは下半身で乗れ。

減速エネルギーを上半身で受け止めないようにして下さい。外脚でしっかりマシンをホールド。

腕の力は抜く。ブレーキレバーを握る力だけでいいわけです。

コーナーに入っていく、ここでFブレーキを握ったまま入っていきます。

教習所で教わったでしょ。 曲がるときにブレーキかけたら危ないよ!って

その逆ですよ。かけながら曲がるわけです。  そうじゃないと逆に危ないんですよ。

消しゴムをイメージして下さい。 デコピンでピンっと弾く時と、押し付けながら字を消す時

字を消す時がタイヤがグリップしている状態です。 これを作り出しましょう。

転倒するかも? マシンが倒れるときは倒れないようにタイヤが内側に切れ込んで来てくれます。

それを腕の力を入れて邪魔するから転ぶんです。 邪魔しないで力を抜いてれば転びません。

ブレーキングしたままコーナーに入っていきます。

するとフロントサスペンションは沈んだ状態で入っていきます。 バイクは簡単に寝ます。

何故でしょうか?

231121.jpg


正面から見た図ですが、フロントを沈めたまま入るとフォークが入り車高が落ちた状態になりますので

マシンを倒す ということは正面から見たら回転なので、その半径が小さくなれば早く寝るわけです。

マシンが倒れればステアリングは内側に切れていきます。

これがセルフステアリングです。

ブレーキをひきずりながら入る。 タイヤを押し付ける事になるのグリップ力は増大します。

そして、フロントフォークが入ることで回転半径が小さくなるのですぐ寝る。

倒れたマシンはタイヤがセルフステアにより切れ込む。

良いことばっかり。 そう、バイクはフロントタイヤが向いた方向にしか曲がらないんです。

もしステアリングが切れないマシンだった場合、タイヤのラウンド形状 つまり定常円旋回しか

できないわけです。 それ以上にバイクは曲がります。 ステアリングがあるから。

さて、ここまでで進入時のマシンの扱い方がわかってきたと思いますが

ここまでできればリヤタイヤの負担は小さくなるので、 加速 という仕事に専念できるわけです。

いつもよりしっかり出口にマシンをむけられたはずです。 マシンを若干起こしながらフル加速が

できるはずです。 ここでリヤサスの話を入れていくと3日くらいかかっちゃうのでここは割愛して

まあでも一つだけ書かせてもらうと、アンチスクワットトライアングル。

これが重要になってくるので、うちのマシンはこの三角を基準にマシンセットをしていっています。

私がこの前乗った動画を短いですが貼りますが、リヤのセットが「そこそこ」 でているので

コーナー立ち上がり、スロットルを開ける瞬間からのマシンの向きの変わり方も注意してみて下さい。

それと進入時のマシン角度も、自分のイメージと照らし合わせて見てください。

とりあえず11秒3の動画しか撮れてなかったので、それを貼りますが10秒1までは出ています。






どちらにしても若干の剛性不足は否めませんので、IRCには報告をあげています。

当然、問題点を洗い出して検討してくれています。

が、現在のタイヤはこれはこれで戦うしかないわけで、これを攻略することを楽しんでみてください。

最初から100点の物は存在しません。

逆を言えばこれを攻略できたライダーが勝ちます。

私の走り方でも、気を抜くと多少 トトトト と細かく跳ねますがどーんと開けてしまえば気にならないレベルです。

長くなりましたが、ちょっとまとめさせてもらうと

進入時、しっかり角度をつけながら入れるよう ブレーキを引きずりながら入る事。

角度がつけれるようになると、「速度」が落ちますが、速度の調整はブレーキをゆるめることで

行わず、スロットルオフのポイントを奥に持っていくことで合わせていくこと。

リヤタイヤに横方向の力をかけ続けないこと。 

そうすると安定した綺麗な走行が出来ます。

もっと速い人が乗れば9秒前半ですね。

がんばりましょう!

「攻略した者が勝つ!」


↓↓ブログランキングに登録しています。クリックのご協力よろしくお願いします♪↓↓



人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

コメント

分かりやすい解説ありがとうございます。

文章では「図で説明」とありますが、6枚の写真しか見つけられません・・・

特に上の2枚の筑波最終の写真ですが、どうやって撮影したのですか?
筑波でドローン飛ばすと怒られますよね?

URL | 秋漢 ID:-

Re: タイトルなし

図は最初の2枚の画像が図を書いた画像です。5枚目もです。

最後のは画像ではなく 動画が張り付いていますので再生できます。

その動画の部分を一時停止して画像にしたのが3、4枚目ですよー。

ドローンじゃありません。



> 分かりやすい解説ありがとうございます。
>
> 文章では「図で説明」とありますが、6枚の写真しか見つけられません・・・
>
> 特に上の2枚の筑波最終の写真ですが、どうやって撮影したのですか?
> 筑波でドローン飛ばすと怒られますよね?

URL | propmanishii ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)