FC2ブログ
カタナ750のシリンダーヘッドが届きました。

ネットオークションで購入するのは ある意味で賭けみたいなところはありますが

エンジンASSYはあまり信用していませんが、分解されている部品は

画像での判断がつくので、買いやすいんです。

IMG_20180503_004822.jpg

画像で見たとおり、綺麗なヘッドです。

IMG_20180503_004836.jpg

ジャーナルのかじりは無し。

燃焼室を見る限り、カーボンはかなりついていますが、ぶん回して乗った感じはありません。

レーサーで使ってないエンジンは安心。

IMG_20180503_132456.jpg

バルブは、とにかくチェックする所が多いです。

フェイスの潜り、反り 軸の磨耗、上端の荒れ 振れ、コッター溝の荒れ。

新品にしちゃえよ。ってう話もありますが、16バルブ全部新品は結構な金額になりますし

しっかりしたバルブはちゃんと使えますのでね。

ばらした際、フェイス上側のカーボンのつき方もチェックします。

IMG_20180503_154431.jpg

ステムシールの状態。 まあここのシールは街乗りは無条件で交換しちゃうのでいいんですけどね。

レーサーの場合は漏れてない限りは交換はしません。

あとはとにかく、清掃! やはりこれが一番大事で大変。

IMG_20180503_154421.jpg

全て磨き終わって、そこからスタートです。

IMG_20180503_161703.jpg

光明丹で当たりを確認しつつ

IMG_20180503_162537.jpg

しばらく使っているエンジンですので、当然当たり幅は大きいです。ベタ当たり。

シートカットをして、幅を調整していきます。

IMG_20180503_162719.jpg

IMG_20180503_162806.jpg

バルブ摺り合せをして、当たり位置もいい所にもっていきます。

IMG_20180503_163205.jpg

こういった作業はレーサーだろうが、街乗りバイクだろうが作業の差はありません。

ひとつづつ、密封度をチェックして組んでいくので16バルブもあると大変!

やっと終わりました。

IMG_20180503_182544.jpg

最後、組み込み後の漏れチェック。

IMG_20180503_185859.jpg

耐熱塗装をして、エンジン搭載しました。

あー疲れた

IMG_20180504_012814.jpg



↓↓ブログランキングに登録しています。クリックのご協力よろしくお願いします♪↓↓



人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
 修理  0  0

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)