FC2ブログ
スズキのカタナ750 

おそらく年式で言うと1983年あたりのです。

エンジンOHをするのですが、とりあえずエンジン降ろすのは大変なので

あまり写真撮ってる暇がありませんでしたが、だいぶアクロバティックではあります。

IMG_20180424_203350.jpg

この手のエンジンはちょっと持ち上げて 横にスライドさせないといけませんからね。

降ろしたエンジンを作業台に載せるのも一苦労  なにせ重い!

IMG_20180426_170802_1.jpg

んで、エンジンをパクパクばらしていくんですが

ばらしながら 色々メモを取っていくので少々時間はかかります。

そしていきなり大問題が顔を出しました・・・・・

IMG_20180426_192246.jpg

インテーク左側が完全に焼き付いてます。

カムシャフトもご臨終

IMG_20180426_192303.jpg

ロッカアームもヤバめです

IMG_20180426_192317.jpg

厳しい・・・・

こうなると 「直す」 となると 溶接して盛って カムやロッカーは再焼き入れ等 になりますが

この辺はケースバイケースで考えないとお金がいくらあっても足りませんので、ネットオークションにて

物色すると 程よい中古が お買い得価格でありましたので、それは中古を使用しましょう。ってことで

ヘッド周りは 待ち。

更に進めて行きます。

IMG_20180426_194238.jpg

ピストンだけ廃盤。  当たりも弱く、クリアランスもまだ大丈夫なのでよかったです。これは再利用します。

ピストンリングは出ますので交換します。

将来的にピストンがダメになったら 社外品で対応となるでしょうね。

IMG_20180426_194250.jpg

IMG_20180426_210307.jpg

そして、クランクケースを分解していくと

IMG_20180426_220445.jpg

一番左のクランクジャーナルのメタルが焼き付いてます。

何故、左が焼き付いているのか 全分解して各部チェック

IMG_20180426_220459.jpg

IMG_20180426_224239.jpg

IMG_20180426_233026.jpg

他のメタルは結構綺麗なんですけどね

IMG_20180501_144911.jpg

各、オイルラインをチェックして、オイルポンプも点検しましたが、これといった問題は感じられませんでした。

IMG_20180501_144025.jpg

IMG_20180501_144231.jpg

ただ、エンジンを分解したときに感じたのは、中で何かプラスチック的な物が爆発したかのような・・・・・

細かいカスが散乱していました。

なんだろうこれと思って、指で潰すと パキ・・・・っと

よーく見ると あちこちの壁にこんな物がダラーっと垂れていて、これが触るとパキ!っと割れる

IMG_20180501_183150.jpg

犯人はこれかもしれない。

これは液体ガスケットの化石!

新車時の液体ガスケットですね。 クランクケースの面は液体ガスケットで組むんです。紙やメタルのガスケットは

使用しないんです。 塗りすぎじゃないですか。っていうくらいダラダラと流れたあとがありました。

古くなり、固まり 何かのきっかけで剥がれたものがオイルラインにたまたま詰まって、一時的にオイルが

遮断されて、左のラインが焼きついた・・・って感じでしょうか それが外れて今は正常にオイルが

流れてる・・・・ そんな雰囲気です。

とりあえず ケース内の全ての古いガスケットを除去して

IMG_20180501_183341.jpg

綺麗に掃除していきます。 エンジンのオーバーホールで一番時間と手間がかかるのが、清掃です。

そして大事な作業です。 各部をチェックしながら掃除していくわけです。

IMG_20180501_194840.jpg

幸い、クランクシャフト側はキズがありませんでしたので、そのまま使用できます。

IMG_20180501_205451.jpg

ミッションも点検して掃除、グリスアップして組み込み

IMG_20180501_212431.jpg

街乗りバイクなので、全メタル カムチェーン等 替えれる物は全部替えました。

IMG_20180502_012335.jpg

腰下まで組み込んで、ヘッド待ち。

こうして作業してみると、古いエンジンで調子が良くても、こういうトラブルは考えられるわけで

部品のあるうちにOHしておくのは大事ですね。

↓↓ブログランキングに登録しています。クリックのご協力よろしくお願いします♪↓↓



人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)