FC2ブログ
先日テスト走行したCBR250RRは上々でした。

油温は、外気温24度ほどの走行で110度前後。

もともとMAX温度が測れていませんので、何度下がったとかまではちょっと

わかりませんが 走行中の効果は絶大です。

なにせコースイン2周目には120度振り切っちゃって何度かわからない状態だったので

オイルクーラーを設置後は温度が振り切ることは無かったようです。 ギア抜けもなくなりました。

何個か頼まれているので、これから少し多めに作りますが、取り回しの関係で少し図面を修正しないと

いけません。  少々お待ちを

別作業。

DトラッカーのサスペンションOH

フロントは別車両のレートが上がったバネを入れました。 長さがだいぶ違うのでスペーサーを製作

しないとダメでしたが、かなりカチっとしました。

そうなるとリヤサスのダメっぷりったら・・・・・

サイドスタンドを上げようとすると、サスがぐいーーんと沈んでなかなかスタンドが地面から離れません。

ふにゃんふにゃん。

IMG_20180413_180001.jpg

ちょっとあれだな・・・・・ロッドが怪しいな なんだこれ

IMG_20180413_180836.jpg

ガス圧を測ってみると 案の定0.5kg しか入っていませんでした。

ブラダのバルブを抜いて、圧をゼロにしてからの、ドレンを開けてみると シュワーーーーっと

炭酸水のようです。 だいぶ泡立っちゃってますね。

IMG_20180413_181152.jpg

全分解してから 先ほどのロッドを研磨します。

あまり強くはできないので、ナイロンで軽く

IMG_20180413_194401.jpg

IMG_20180413_194502.jpg

メッキは無事でした。良かった

各部清掃 点検

IMG_20180413_194841.jpg

で組み上げました。 このサスはどちらかというと、リバウンドの設定のほうが効きますね。

TENをいじると3割ほどCOMPも効く感じです。

COMPの設定は変化率が少ないです。

元々Dトラッカーはモトクロスベースで考えられているのか、セット荷重も弱めです。

ロードで、しかもこの車両はたまにジムカーナ的な事もするようなので、セット荷重を上げて

ロードよりの設定にしておきました。 

IMG_20180413_210729.jpg

リンクユニット

IMG_20180413_210811.jpg

動きが渋かったです。

リンクユニットの動きが渋い場合、サスが抜けやすくもなります。

リンクは円運動しながら直線運動するように、全てが滑らかに動かないとサスに変な力がかかっちゃいます。

清掃、グリスアップ

IMG_20180413_211639.jpg

車体に組み込んで、まずマシンを起こしてみると ス・・・っとサイドスタンドが先に上がります。

かなりパリっとしましたね。

良い感じです。

IMG_20180413_213432.jpg

↓↓ブログランキングに登録しています。クリックのご協力よろしくお願いします♪↓↓



人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)