まずはZ1000J

社外のマフラーが付いていますが、オイルのドレンボルトの真下を通ってるので

オイル交換時に本当苦労するんですよね

IMG_20180219_214057.jpg

少し考えてくれよアメリカ人

オイルパンを外して別のところにオイルドレン作っちゃおうってことで

IMG_20180219_195046.jpg

ここに穴を開けて、ネジを切りました。

ノーマルのオイルドレンは低くなってます。

IMG_20180219_195035.jpg

内部はこんな感じでオイルが流れるように横穴を開けておきました。

IMG_20180219_195030.jpg

マフラーとの隙間はあるので、オイル交換の度に苦労することは無さそうです。

IMG_20180219_212653.jpg

IMG_20180219_214104.jpg

マフラーの出口の向きを変えて欲しいということで加工しました。

ノーマルのタンデムステップが付いてのマフラーですと、かなり低い位置になってしまうので

角度を上げるんですが、エンドが上向きすぎちゃうので、2段階で角度を変えて溶接

エンブレムも位置が変わってしまうのでリベットを打ち直しました。

IMG_20180220_223651.jpg

そしてCBR250RR 新しいやつね

IMG_20180223_000558.jpg

エンジンOH

IMG_20180223_001733.jpg

このエンジンはシリンダーヘッドにウォーターポンプが付いてます。

INカムが回すんですね

IMG_20180223_001802.jpg

良く言われる、問題のシリンダー

IMG_20180223_002837.jpg

やはり傷らだけです・・・・・

IMG_20180223_003107.jpg

IMG_20180223_003215.jpg

コストダウンのしわ寄せがどこに来るかってことですよね。

まだ数百キロですけどね

ヘッド、カムシャフト、カムジャーナルはそこまで酷い傷はありませんでした。

IMG_20180223_003303.jpg

問題は水温、油温なんでしょうね

オイル成分が壊れてる可能性があるそうです

IMG_20180223_153056.jpg

設計は全てにおいてコンパクト軽い! だからこそ熱の問題もあるのかもしれませんが・・・

IMG_20180223_153618.jpg

オイルポンプトロコイドは大きいですね!

IMG_20180223_154319.jpg

問題のシフトリンケージ回り

IMG_20180223_154532.jpg

6速から何もしないで抜けるっていう・・・・

色々と様子を見ながらやっていかないとダメですね

IMG_20180223_175221.jpg

メタルの当たりは少しキツイですね。 ケースの締め付けトルクはしっかりしてる感じはありました。

IMG_20180223_175235.jpg

ピストンピンは、モリブデンコートでしょうか 新品は真っ黒ですが、この距離で全てが落ちてる感じです。

IMG_20180223_191140.jpg

ピストン、ピストンリングも新品ですが、ワンシーズンでシリンダーも交換になりそうな予感がしますね。

IMG_20180223_195258.jpg

バルブ周りは安定してる感じはありましたが、漏れてる箇所もあり

修正しました。

IMG_20180223_212836.jpg

エンジンは組み上がりました。

IMG_20180223_222706.jpg

↓↓ブログランキングに登録しています。クリックのご協力よろしくお願いします♪↓↓



人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)