FC2ブログ
先日のトップブリッジの切削を開始です。

固定穴は単純なので簡易冶具で固定

しかし、この厚さの材料でここまで物が大きいとちょっと緊張しますね。

失敗したら心の折れ方が半端じゃないです。

何回かフライスを空で走らせて、軌道を確認してから、ゆっくり切削開始

IMG_20180206_174635.jpg

端面の加工が終わったら、裏側の肉抜きを・・・・

IMG_20180206_174642.jpg

レース用では無く、街乗り車両なので、極端に肉は抜いてません。

IMG_20180206_185826.jpg

ここはだいぶ時間がかかるので・・・・・

合間に頼まれていたスクーターの修理

2サイクル懐かしいですね。

音と匂いが懐かしい。 スクーターでさえこんな懐かしさが出てくるんだから

NSR250Rなんて走ってたら振り向いちゃいますよね。

IMG_20180206_190035.jpg

そんで、裏側の肉抜きが終わりました。

IMG_20180206_203652.jpg

形状に上下はないので、このまま引っくり返して・・・・・・

表側の加工をしていきます。

表の肉抜きはデザイン的な要素が高いので、深さはそんなに深く掘りません。

あんまり掘ると水溜まっちゃいますしね・・・・


IMG_20180206_205642.jpg

慎重に加工中

IMG_20180206_221347.jpg

型屋さんなんかは、2日とかプログラムで動かしておいて、気が付いたらエンドミルが折れてたとか

たまに聞きますが、へこみますよね・・・・

後半の工程ほど慎重になります・・・・・

面取りも終わりました。


センターホールとフォークの穴を旋盤で開けようと思ったんですけどね

フォークのほうは物が大きすぎて旋盤じゃ回せなかったので

とりあえずセンター穴だけ旋盤で加工しました。

今日はここまで


IMG_20180206_231907.jpg

あとはフォークの穴をフライスでボーリングして

スリワリ加工と沈めフライス加工で終わりです。

初トップブリッジにしてはまあまあかっこよく出来ました。

↓↓ブログランキングに登録しています。クリックのご協力よろしくお願いします♪↓↓



人気ブログランキングへ







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)