トップブリッジを製作するわけです。

実は作ったことが無くて、追加工はあるんですけどね。

製作工程は何となく頭の中ではイメージ出来ているんですけど

図面製作も結構大変そうだなーとか

このトップブリッジ

IMG_20180205_205849.jpg

4XVと書いてあるのでYZF-R1の物ですね。

別の車種で使用するので、メインスイッチ位置は変わります。

どちらにしてもメインスイッチの高さ分は削り出して作るわけにはいかないので、別部品で製作して行きます。

フォークピッチとフォークオフセットを計測して、まずは簡単に 3点関係だけを出して

間違いないか確認

IMG_20180205_205925.jpg

現物を合わせてみます。  大事なのはここですからね

IMG_20180205_205946.jpg

なんとなく外形を設定して行きます。

IMG_20180205_211415.jpg

赤いのがネジ が収まるところとして設計します。 ネジ位置はしっかりしておかないと

割りが入るので ネジ位置からトップブリッジ形状も決めていかないといけないんです。

IMG_20180205_212155.jpg

次は裏側の肉抜きを設計していきます ここを剛性を考慮しつつ 抜けるところは抜いておかないと

重くなってしまいますからね。

IMG_20180205_223434.jpg


CADはレイヤー分けして図面を書けるので非常に便利

この場合、裏と表の切削をするので、同じ図面上ですとわけわからなくなります。

レイヤーごとに表示、非表示と出来るのと、いじれないようにロックもかけれますので

間違って消してしまったりしてしまうこともないわけです。

とりあえず裏の図面は一旦ロックをかけて、非表示にしておきます。

続いて 表の加工

表はまあデザイン的な要素が強いですが・・・・

IMG_20180205_231741.jpg

こんな感じで・・・・ こういうデザインセンスはあまり高くないので

作ってはジーーーーっと見て  ここのRがかっこよくないなぁとか

このリブの角度がかっこよくないなぁとかブツブツ言いながら修正を繰り返して製作しました。

まあこんなもんで・・・・

これらを全部表示すると こんな感じでわけわからなくなります。

IMG_20180205_231750.jpg

先日のキャリパーサポートもオフセットを切削して完成しました。

IMG_20180205_235501.jpg

しかし毎日寒いですね。

インフルエンザも流行ってるようなのでお気をつけて・・・

↓↓ブログランキングに登録しています。クリックのご協力よろしくお願いします♪↓↓



人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)