先日のセロー250はササっとエンジン搭載して

始動確認、と試乗してOKです。

相変わらず乗りやすくて良いバイクですね。 なんていうかオールマイティ

日本の道路じゃそんな飛ばす所ないですからね。良いサイズです。

IMG_20171226_200500.jpg


GPZ750FのフォークをOHします。

現状ついているのは朽ち果てていますので、中古で購入した物を分解清掃組み付け作業

IMG_20171226_201417.jpg

中古部品は安く買える分、怖い部分もあるので、チェックします。

IMG_20171226_211241.jpg

曲がりは許容範囲内です。

全部分解してチェックしていきます。

IMG_20171226_211107.jpg

ちょこちょこ気になる部分はアリ

スライドメタル、スライドブッシュは新品交換 だいぶ減ってます。

IMG_20171226_211512.jpg

オイルシールは純正では無く社外品でしたが、ちょっと抵抗が強い気がしました。

IMG_20171226_211735.jpg

シートパイプは、こう組まれていました。 これは正解か?

IMG_20171226_213155.jpg

が。 これで正解です。

IMG_20171226_213219.jpg

リバウンドスプリングの位置関係は百歩譲っていいとして

ロックピースは向きが逆ですと怖いですね。

これが、逆に組まれている状態

IMG_20171226_213319.jpg

これが正解

IMG_20171226_213309.jpg

逆に組まれていると、ツバの部分が径が大きいのでインナー内部に入り込みません。

この部品はオイルロックピースなので、フォークのストローク最後の部分で物理的に底付きする前に

オイルロックをおこさせる部品です。

フォークに入り込まないと意味が無いのと、最後の20mmほどのストロークが無くなってしまうと言うことでも

あります。

元々のストローク量があるので、底付き付近までは使わないでしょうけどね。

危ない!と思ってフルブレーキングした時、タイヤが滑ってしまう可能性があるので気をつけて組んだほうが

いいですね。

↓↓ブログランキングに登録しています。クリックのご協力よろしくお願いします♪↓↓



人気ブログランキングへ






スポンサーサイト
 修理  0  0

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)