どうやら、とっても高いらしいです。

街バイクでしたら、まあ・・・って感じですけどね

レース用って考えたら、やはり消耗品はコストを抑えたいところですね。

転倒して、ぐにゃん・・・と

IMG_20171113_175257.jpg

この形状をだいたいのモチーフに

設計していきます。



IMG_20171113_180547.jpg

IMG_20171113_181446.jpg

CADで図面が完成したらCAMでDXFファイルを開きます。

IMG_20171113_182344.jpg

この時、線の結合が悪いと、NCフライスでは動いてくれません。

この場合、結合はしっかりしているので、エラーは出ていません。よかった。

各レイヤーごとに、プログラムを作りますが、この工程はこの時間・・・・とタイムもでます。

IMG_20171113_182710.jpg

↑これの場合、8分34秒 と出ています。

この時間は絶対なので、ズレないのですが、これは設定した速度の100%で切削した場合

この時間ですよってことなんですが、ここから速度は調整して落として切削するようにしていますので

この何倍も時間はかかります。

最初から遅く設定していると、あとで、この工程は速度上げれるな・・となった場合

上げられないんです。

切削していきつつ

IMG_20171113_193926.jpg

ステップバーも製作します。

材料はペダルと同じ2017です。

IMG_20171113_222445.jpg

端面の加工と、センター穴をドーーンと開けます。

IMG_20171113_223859.jpg

形を整えます。

IMG_20171113_224726.jpg

ここに、綾目のローレットをかけていきます。

IMG_20171113_224809.jpg

これがローレット。 ギザギザの駒が2個あるんです。

これはこれで、結構コツがいるんです。 特に2017は材料が硬いので、かけにくい。

5056辺りで作る所もあるそうですが、山のつぶれが早いです。

IMG_20171113_224908.jpg

IMG_20171113_225320.jpg

こんな感じで全体にローレットを施して

溝を切削していきます。ここは勘です。

IMG_20171113_225512.jpg

ペダルの先端部も作ります。

こちらは7075の六角棒から作ります。

IMG_20171113_234339.jpg

ブレーキ側は楽です。

IMG_20171113_234544.jpg

そしてフライスの加工が終わりました

IMG_20171113_215624.jpg

軸にベアリングを入れるので、旋盤で穴をあけます。

IMG_20171113_221617.jpg

そして、完成しました

IMG_20171113_235026.jpg

IMG_20171113_235054.jpg

なかなかですね。


↓↓ブログランキングに登録しています。クリックのご協力よろしくお願いします♪↓↓



人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)