Z750GPをいじってまして

ちょいはまりをしていました。

ケイヒンのCRキャブレター

IMG_20171110_175833.jpg

もともと、このバイクは大昔にこの時代では珍しい、インジェクション車でした

80年代後半かな?

それをキャブレターにするっていうことですが、おそらくこのCRキャブレターも

車種ごとのセッティングがでている訳でないので、ある程度のベースセッティングが必要なわけですが

現状でエンジン掛けてみると、んー。いまいち

色々とばらばらな感じが伝わってきます。

分解して、とりあえずどういう状況か、把握するのと軽くOH

IMG_20171110_202423.jpg

だいたいの方向性を探っておいて、OHしつつ軽くセッティングを振ってみます。

これで、だいたいの方向性は見えるはず。

で、始動してみると、どうもセッティングが変わらない感じ?

あれ?

もう少し振ってみないとダメ? と再びセッティングしてみて

また始動、 が、まだ変わらず

何度もかけているうちに、どんどん症状が変わり、悪化してる様子・・・・

なんだこれ。 電気か?

で、ちょっとはまっていました。

CRキャブは、FCRと違ってスロー系統のセッティングが難しいんです。

目安はエアスクリュー。

FCRとの大きな違いはパイロットスクリューでは無くエアスクリューです。

スローの引っぱりが弱い気がします。

エアースクリューは1/2 前後でのセッティングが目安ですね。

経験上。

これ以上の場合はスロージェット、ニードルのストレート径の変更が必要になります。

これらの経験から、セッティングを振っても変わらんってどういうことだと

試行錯誤しつつやっと判明しました・・・・

これ。

IMG_20171110_235636.jpg

でたよ、燃料フィルター

一応、外して流れるか確認はしたんですけどね、このフィルターのトラブルは多いので。

ちょろろろ って流れるのは流れるんですがちょっと流れたあと、止まる。っていう

これだ。

外してみると、絶好調になりまして

おかげで、セッティングをまたやり直しです・・・・ ある程度セッティングがでたので

アイドリングも安定して、高回転時のバスバスも無くなりました。

良かった

IMG_20171110_235620.jpg




↓↓ブログランキングに登録しています。クリックのご協力よろしくお願いします♪↓↓



人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
 修理  0  0

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)