クランクの大端ベアリングは、なるべくなら強化タイプを使います。

トムソンのベアリング。

IMG_20171102_142912.jpg

組み込んで、芯出しをしていきます。こんこん

IMG_20171102_143746.jpg

Lクランクケース新品が届きました。

IMG_20171102_171148.jpg


新品はベアリングが入っていないので、ベアリングも注文しておかないとね。あとシール類も

新品にいきなりベアリングを叩き込むのはちょっと気が引けるので

ホットガンで数分加熱。 その間ベアリングは冷凍庫でキンキンに冷やしておきます。

IMG_20171102_171330.jpg

こうしておくと、コンっと手でベアリングが入ります。叩かなくていいので安心。

IMG_20171102_171852.jpg

パクパクとクランク、ミッションと組んでいきます。

IMG_20171102_175128.jpg

R側クランクケースのベアリングホール

しっかり脱脂をして、ロックタイトを塗布します。

IMG_20171102_175522.jpg

そして、ベアリングを圧入したらポンチを打ってカシメておきます。

IMG_20171102_175752.jpg

これらの作業は、出るレースのレギュレーションに合わせて作業してくださいね。やる場合は。

クラッチ、オイルポンプ等、組み上げて

IMG_20171102_181445.jpg

ヘッドのリペア。

IMG_20171102_194222.jpg

バルブ。 だいぶヤレてますが

まあまあ ガイドとのガタもありませんし。 安心の軸径ですしね。

磨いて、フェイスカットもします。

IMG_20171102_193520.jpg

フェイス面の異物嚙み混みが半端ないです。 さすが直キャブ

時間も使ってるので、面が潜ってる傾向もあります。

研磨後

IMG_20171102_194018.jpg


IMG_20171102_194742.jpg

バルブシートカットをして、丁寧に摺り合せ

IMG_20171102_211646.jpg

ピストン周りを新品にして、組み上げました。

エンジン始動して、熱入れまで終わらせました。

IMG_20171103_001307.jpg


日本シリーズ、ぎりぎりでベイスターズが持ちこたえてますね!

なんとかがんばってもらいたいもんです

↓↓ブログランキングに登録しています。クリックのご協力よろしくお願いします♪↓↓



人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)