なんか、マンションの何かを開ける工具を作って欲しいと

みんなおじさんなので、腰があまり曲がらないでも使えるように

長めで・・・・

ソケットを持ち込んでもらいました。

IMG_20170804_231937.jpg

KTC製の新品ですが、いきなり切削してしまいます。

IMG_20170805_000258.jpg

パイプに差し込むようにしておきます。

IMG_20170805_000624.jpg

ステンレスのパイプも持ち込みです。

T字に作っておきます。

IMG_20170806_212954.jpg

ここ最近湿度が高すぎて溶接できませんでした。うちの溶接機は湿度が高いと何故か使えません。

今日はかなり暑かったですが、湿度は低めだったので、溶接しました。

IMG_20170810_001518.jpg

どうやらこのパイプはスチール製で回りにステンレスのカバーが巻いてあるようです。

溶接し辛い

大きさはこんな感じで、通常使うTレンチと比べるとでかいですね・・・・

IMG_20170810_001512.jpg

そしてレーサーのCBR250RRですが、前回のツーリストトロフィで転倒してしまった車両です。

とりあえず修理しないと・・・・ 予選で転倒してなんとか決勝は走らせたのですが

IMG_20170809_182231.jpg

だいぶ曲がってます・・・・・・これでハンドル真っ直ぐです

犬っ走りみたいな感じで乗ってたんでしょうね。

ここまで激しく曲がってると色々と心配になりますが、意外とこういう時って重要な部品は曲がってない事も

あるんですよね。

心配だったアウターチューブ

IMG_20170809_185551.jpg

無事! すごいこれだけタイヤが曲がって付いてるのに無事

とにかくすごい曲がりだったのが・・・・・

アクスルシャフト

IMG_20170809_185648.jpg

ぐにゃんぐにゃんです

そして、ステムもぐい!っと曲がってます

IMG_20170809_190006.jpg

激しい・・・ 約4mmほど開きがあります

IMG_20170809_190015.jpg

本来ならこんな部品は交換ですよ。

しかしCBRはまだ部品の供給が間に合っていません。

のでとりあえず修理します。

ステムの曲がりはかなり激しいので・・・・直せるのか不安でしたが なんとかなりました。

どうやって直すんだと言われると パワーofパワーとしか言えません(笑)

力で戻しますけどね、こういうのって力の問題より固定の問題。 固定ががっちりできないと

曲げ戻すことはできません。

曲がってないほうを差し込んで、ステムを締めて トップブリッジの隙間を見て行きますが

トップブリッジまで曲がってましたね・・・・

IMG_20170809_191138.jpg

トップブリッジはアルミの鋳物ですので、曲げるときはちょっと注意が必要です。ヘタしたら割れます。

熱を入れつつゆっくり戻して行きます。

アクスルシャフトもプレスで修正しますが スチールの無垢なので押し方も注意して少しづつ直していきます。

IMG_20170809_221559.jpg

これでタイヤは真っ直ぐになりました。

IMG_20170809_223107.jpg

↓↓ブログランキングに登録しています。クリックのご協力よろしくお願いします♪↓↓



人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)