クラシックモトクロスレースなるものがあるらしいです。

古い車両でレースするんでしょうね。

1971年製 ホンダ SL350

IMG_20170717_150635.jpg

古い!

自分より年上ですよ。

キックアームが何度か折れて、さすがにモトクロスのレースでキックが折れるとアウトですから

何とかしようと言う事です。 当然部品はありません。

そこで、何かのキックアームを持ってきて

IMG_20170715_223106.jpg

ゴムが無いほうが元々の物で、ゴム有りが 何かのキックアームです。

これらを融合させようと・・・・・

当然違う車両なので、スプラインが違いますから入らないのですが、古いほうのスプラインは生きていて

その先の部分が緩くなって取れてしまう。

なので、スプラインを切るなんていうのは大ごとなので、この部分はノーマルを使い

その先の部分を何かのキックを使おうと

IMG_20170715_223131.jpg

オス、メスな感じです。

オスは新しいほう。 これを旋盤で加工して整えます。

IMG_20170715_234745.jpg

中に穴を開けて 中子を入れれるようにします。

中子を作ります。 適当な鉄で加工しておきます。

IMG_20170716_164158.jpg

中子と新しいほうを溶接しておきます。

IMG_20170716_164222.jpg

そしてノーマルと合体させてと・・・・

IMG_20170716_210116.jpg

こんな感じで出来上がりました。


裏側は横から穴を開けて中子を溶接しておきましたので、強度は大丈夫だと思います。

取り付けるとこんな感じです。

IMG_20170717_223044.jpg

そして、タンクの取り付け。

買ったときからこうだったらしいのですが、タンクがちゃんと止まっていないと。

シートで押し付けてるだけっていうかなんていうか

前に走っててタンクがすっとんでいったそうです。 想像したら笑っちゃいました・・・すいません

タンクをちゃんと止めてほしい!(切実) 

IMG_20170717_154702.jpg

なにも止まっていません

幸い、タンクに穴はあるので、これを利用しよう

IMG_20170717_182252.jpg

鉄の板を切り出します。

そして鉄の無垢材を削りだして、横穴を開けておきます。

IMG_20170717_173611.jpg

こんな感じにしようかと

IMG_20170717_182307.jpg

これらを溶接します。ぐるっと

IMG_20170717_191621.jpg

車体側に、位置をきっちり合わせて溶接しちゃいます。

IMG_20170717_214654.jpg

これで、タンクをベーターピン止めに出来ました。ちょっとレーシー

IMG_20170717_223017.jpg

下にはラバーを入れて浮かせてあるので、振動で割れることもないでしょう。

IMG_20170717_223033.jpg

↓↓ブログランキングに登録しています。クリックのご協力よろしくお願いします♪↓↓



人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)