新車のCBR250RRがやっと入荷しまして

取りに行ってきました。

IMG_20170608_144406.jpg


まあしばらくの間はこのマシンが2気筒250ccを席巻するんでしょうね。

そもそも排ガス規制を無視したら50馬力くらい出せるんじゃないのって思うんですが

規制 市販車 レース車両 ご時勢  この変のワードがややこしくしてるんでしょうね・・・・

そんなCBR250RRですが、うちは基本的には筑波ツーリストトロフィ仕様で仕上げていきます。

今のところJP250に興味ある人が皆無なんです。

じぇ  の字も出てこない。

ツーリストトロフィは、タイヤは自由、足回りも自由(多少の規制アリ) エンジンはいじっちゃダメ

なので、色々楽しめる部分があるんです。

で、今回のこの新車は

いきなりばらばらにしていきますが、まず何をするかというと

ホイールの換装

ノーマルホイールである必要が無いので、スペアホイールの入手のしやすさと値段の手ごろさで

VTR250 のホイールを使用します。

見た目は、ノーマルが7本スポークなのに対してVTR250が5本スポークです。

パッと見 似てる。

もう一つの理由が、まあ スペアで欲しい人はいそうなので、ネットオークションで良い値段で

売れるんじゃないかと。 新車外しのCBR250RRの前後ホイール売りに出します。

我々ツーリスト組はここにこだわる理由がないですからね。

ノーマルはこんな感じ。

IMG_20170609_004804.jpg

ディスクもCBR250RRは310φ スパーダのノーマルと同じ径なんです。

IMG_20170609_004815.jpg

で、VTR250のホイールをフィッティングしていきます。

が、寸法出しが終わったらカラー製作なので、ここはすぐ終わります。

IMG_20170609_004608.jpg


こんな感じで・・

このVTRホイールはスパーダのレーサーで使用して物なのでディスク径はVTR250のノーマル296φ

から310φに変えられています。

ですが、スパーダとオフセットは違います。

IMG_20170609_004622.jpg

それでも危なかった・・・・・ スパーダよりオフセットは少ないタイプなんですが

ホイールセンター出した所で フォークのインナーブラケットとフローティングピンの隙間が・・・・

IMG_20170609_005029.jpg

ギリギリでした・・・・・

よかった・・・・ これに対してブレンボの65mmキャリパーでサポートを製作していきます。

とりあえず今日はここまで、明日はリヤホイールかな。

↓↓ブログランキングに登録しています。クリックのご協力よろしくお願いします♪↓↓



人気ブログランキングへ







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)