FC2ブログ
セロー250 エンジン組み上げです

IMG_20160315_182111.jpg

こういう距離を走ってる車両は、何が苦労するってガスケットを剥がすのがまー大変

ほんと地味に古いガスケットを数時間ガスガス!と剥がしてたりするんです。

なんとか、全て綺麗に仕上がり、腰下を組みました。

IMG_20160315_191938.jpg


そしてバルブシートカットとバルブ摺り合わせ。 バルブは新品です。

IMG_20160316_000418.jpg

しかし!

この奥のベアリング・・・・ カムシャフトの軸受けね

取れない・・・

固い・・・・・ 工具で引っ張りながらバーナーで炙って炙って やっと取れました。

まあ、ヤマハのこういうOHCヘッドは放熱性が悪いんですよね。 オイルラインも悪いのか

だいたい熱で歪んでます。 まともだった事のほうが少ない

あとこれ

ロッカーアームのシャフトの穴 歪んでる。 シャフトが入りませんのでリーマーでさらいます。

IMG_20160317_152959.jpg

ドリルでさらうと、穴が大きくなり過ぎるので、リーマーを使ったほうがいいです。

IMG_20160316_000736.jpg

そんなこんなで組み上がりました。

IMG_20160317_181823.jpg

交換部品だけでこんなにあります。

IMG_20160317_182000.jpg

インマニはヤマハお得意のモールド品。 腐食でアルミとゴムが剥離してしまいます。

IMG_20160317_182022.jpg

とりあえずエンジン載せる前に 頼まれ物。 

旋盤加工です

IMG_20160317_154917.jpg

こんな感じで

IMG_20160317_155833.jpg

穴開けて

IMG_20160317_161703.jpg

IMG_20160317_161708.jpg

できた。

何かというと、スパーダのステムの所のスペーサー

IMG_20160317_161905.jpg

Fホイールをワンサイズ太くして、ラジアルタイヤの正規のサイズで使えるようにするようです。

そして、セローはエンジン搭載

IMG_20160317_193723.jpg

一人で何とか持てる重さではありますが、両手で持ってしまうとシャフト入れられないので

試行錯誤するんですが、無理すると絶対、腰やっちゃうので、こういうときもチェーンブロックを使って

楽をします。

エンジン組み付けて、各パーツをどんどんと組んでいって、エンジン始動

IMG_20160317_234638.jpg

あと少しで完成かな

↓↓ブログランキングに登録しています。クリックのご協力よろしくお願いします♪↓↓



人気ブログランキングへ








スポンサーサイト



 修理  0  0

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)