FC2ブログ
エイプ用のチタンマフラーの修理です。

11月の耐久茶屋のマシンですね。毎年恒例です。

まあエンジンの振動も大きいのでアチコチクラックは入りますよね。

エンジン側の根元がばっくりと

DSC_1273.jpg

もうここは何度か修理しててどうにもならないから、適当なチタンパイプを切ってつなげようと言うことです。

DSC_1274.jpg

切断しました。

そして、適当なチタンパイプも切断します。

DSC_1275.jpg

こういう感じなんですが、エンジン側のフランジにカラーが刺さります。が

ここがギリギリ入りません。

DSC_1276.jpg

肉厚はフランジカラーのほうがあるのと、材質がステンレスですので

カラーを切削します。 まあ寸法差で0.3mm程度なので問題ないでしょう。

DSC_1277.jpg

で、まずはTIG溶接 先週アルゴンガスがガス欠しまして、注文を忘れてました。

今日届いたので作業開始

DSC_1278.jpg

フランジを旋盤にセット、芯出しをしっかりして・・・じゃないと元々肉が薄いですからね

DSC_1279.jpg

サーッと削ります。 例えば直径で0,3mm削るなら全周で削るので送り量は0.15mmです。

DSC_1280.jpg

こんな感じでキレイに削れました。

DSC_1281.jpg

緩過ぎず、きつすぎず。 ピタッと入りました。

DSC_1282.jpg

最近ブログに写真が多いね!って言われます。

はい。 写真が多いと文章少なくても書いてる感があるでしょ(笑)

がんばります・・・

↓↓ブログランキングに登録しています。クリックのご協力よろしくお願いします♪↓↓



人気ブログランキングへ




スポンサーサイト



 溶接  0  0

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)