FC2ブログ
VTR250

別のサスペンションを付けて少し車高を上げていたんですが

かなり問題がありました。

いまいちバネレートもはっきり分かっていなかったのも問題。

替えたほうのサスがダンパーを加工してあって、最強でロックできる

くらいだったので何か良い方向に行くかなって思っていたんですが

だめ。まったくだめ。

初期でもスコーンって入っちゃう。二次特性無し。って感じ

いつまでも尻下がりが進む。リンク式サスペンションじゃないので

特性が一定なんでしょうね。

思い出した。 ホンダはこういう安い構造の場合、バンプラバーに当てて特性を

変えるって荒業をやるんだった・・・・・

つまり、奥のほうでゴムに当ててからゴムでコシを出す。って感じ

それは良いとして、初期からのスコーンは何とかならんのか。

とにかくばらしてみる。

P1010150.jpg

あんまり精度は高くないですが、体重計で計ってみます。

なるべく面で押すようにスプリングの下に金属のクランプを置いて、上は板を当てて

バネの単位は「kg/mm」 なので1mm押したときに何キロなのか。

って事です。

P1010151.jpg

くいっと押してみます。

P1010153.jpg

するとこんな感じ。

P1010154.jpg

ちょっとデジカメ用意してる間に下がっちゃいましたが15.5kg くらいでした。

定規で測るのもどうなんだ。と

ダイアルゲージでも測ってみました。

P1010155.jpg

まあ結果は同じでしたね。

ただ、じゃあ単純に倍の2mmにしたら計算上31kgくらいになるはずなんですが

そうならないんですよね・・・この体重計もちょっとあてにならないですから

ざっとって感じですかね。

うーん。

まずこのレートってありえないですよね。 ダンパー特性ってのはほとんど無視

バネとバンプラバーで走れ。って感じなんでしょうか。

ストローク量も20mm無いもんなぁ

こうなると、かなり高いレートが欲しくなる。 NSR50じゃねえんだから。ってレートに

なるんだろうなぁ

バネ屋さんに相談だ。

ZZR600で使うチェーンが届きましたので、交換。

P1010147.jpg

それとタイヤ、ホイールベアリング、エンジンオイルも交換しました。

P1010148.jpg


タイヤはブリジストンのBT92、 懐かしいって思う人もいるんじゃないでしょうか。

今でもちゃんとラインナップしてるんですよ。

デザインは最新って感じじゃないんですが、センターがちょっと硬く、サイドが柔らかい

タイプのタイヤですよね。 嫌いじゃないです。

P1010149.jpg

で、終わりました。外装待ち。

ブログを見て下さったお客さんが、「TT250R、ネジありました?」って数名の方に言われました。

すいません。まだ犯人見つかっていません。

明日、捜査網を広げてみます。

↓↓ブログランキングに登録しています。クリックのご協力よろしくお願いします♪↓↓



人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)