リヤサス

先日テスト走行したCBR250RRは上々でした。油温は、外気温24度ほどの走行で110度前後。もともとMAX温度が測れていませんので、何度下がったとかまではちょっとわかりませんが 走行中の効果は絶大です。なにせコースイン2周目には120度振り切っちゃって何度かわからない状態だったのでオイルクーラーを設置後は温度が振り切ることは無かったようです。 ギア抜けもなくなりました。何個か頼まれているので、これから少し多めに作... 続きを読む

車高

CBR250RRのリヤサスですが、YSS製を使っていますが今回バネレートの変更と 車高をもう少し上げたいということです。YSSのサスペンションは下側のコの字で車高が上げれますが、現時点でこれ以上はダメよっていうラインCBRは 上にもコの字があるんです。これを作っちゃおうぜってことです。よし。こんなブロックから削りだすか・・・・と  思ったのですが、これって思ったよりネジ径が細い。考えていたのは、ここのネジ部を長く... 続きを読む

CBR250RR(MC51)オイルクーラー

CBR250RR(MC51) にオイルクーラーつけようぜってことです。とにかくこのマシンは油温が厳しい かなり上がります。油温計付けてもMAX振り切っちゃって何度だかわからないくらい。コースイン2周目にはMAXです。 そしてギア抜け祭りと、シリンダー削り祭り。油温を下げる方法は、オイルクーラーしかないわけです。流行の水冷オイルクーラーにしたいなぁとか考えていたんですが、温度管理をしているレーサーでは、冷やす とい... 続きを読む

筑波へ行ってきました。

今年初の筑波サーキットにいってまいりました。やっと気温が上がってきたのもあり、かなり混んでます。平日なのに一杯ですね。この前組んだエンジンの慣らしを終え、1本の慣らしのあと全開走行。最後の走行は少し風が出てしまいましたね。Fサスの問題が少々でましたが、方向性はわかった気がします。ピレリはフロントタイヤの使い方が重要です。 これではダメ。これはやりすぎ(笑)次回までに対策します。今日は、これを製作これ... 続きを読む

スパーダエンジン

スパーダのエンジンを組んでいきます。まず、エンジンを全分解しながら、最初に確認することがバルブ回りです。重要なポイントがバルブガイドのガタガイドのガタ出ていると、入れ替えになりますが、シートのもぐりが大きいとバルブシート交換になりますから、時間がかかるんです。が・・・・・・ ガッタガタ・・ダメですね。フロントバンク側のEXガイドが2個ともガタが大きすぎます。おまけにバルブエンドにめくれがあり、バルブ... 続きを読む
 修理  0  0