FC2ブログ

クランクケース補修

4気筒エンジンのクランクケース転んで割れちゃっている部分があるので補修するんですがエンジンが組まれてる状態ではやりたくない作業です。不可能な場合もあります。シール類がダメになる事もありますし、オイルが焼けコゲてかじったり詰まったりする事もあります。エンジン全分解したときは、チャンスですので直したほうがいいです。ケースカバーのつく所が割れています。なんか黄色っぽくなってる所がありますが、パテですね。... 続きを読む
 修理  0  0

バルブシートリング

最近では珍しい、NS50Fのエンジン まあNSR50と同じですねレーサーのエンジンですねOHするわけですが、分解していくと、なんか怪しいというか、オイルシールが斜めに入ってますね位置もおかしいです。L側ケースねクランクケースを分解なんか斜め2機ばらして、良い部品で決勝用エンジン、そうでもないほうで練習用エンジンを組むわけです。ケースは特にR側クランクケースのベアリングホールが緩くなりますからね。で... 続きを読む
 修理  0  0

バルブシートカット

先日バルブガイドの入れ替えをしたヘッド鉄の鋳物のヘッド面研が終わりまして、シートカットをしていきます。面研は面の研磨です。 圧縮アップ目的の面研もあれば、修理の為の研磨もあります。こういうエンジンの場合は修理の為の面研です。なので歪みが取れるまでの最小値で作業するわけです。大きなヘッドは長年使うと熱で歪んできますからね。トラックのエンジンですが、面白いのはIN側のシート当り面が45度ではなく30度... 続きを読む
 修理  0  0

おひさしぶりに

内燃機屋さんの仕事をスタートさせて 1ヶ月ちょっとですが普段さわっているレーサーとはまた違うエンジンが多いわけです。古いエンジンが多いのですが(当たり前か) 昔のエンジンはバルブガイドもステムシールが無いタイプもあるわけです。バルブガイドにガタがあると、オイルがバルブステムを伝って漏れていきますのでマフラーから煙がもくもくでます。(オイル下がり)シリンダーヘッドを温めてバルブガイドを抜きます。きっ... 続きを読む
 修理  0  0

修理

修理が多いですね。ブログに書くことでもないような・・・・動画を撮ることでもないような・・・・って感じの作業が続いておりましたが、きっとこういう自分の感覚って自分目線で考えちゃいけないんだ。って思いますたまに。基本作業日誌的に書いてるのでね、面白そうとかネタがどうのとか考える前に書け!って感じですよね。修理ネタも膨らませばネタになる。例えば フォルツァの修理水温が異常に上昇してちょっと煙でた。すぐ止... 続きを読む
 修理  0  0